Home > noyamade企画

noyamade企画 Archive

「野山であそぼっ展2013」(花の風まつり) 始まりました

4月28日よりヒロクラフト「野山であそぼっ展」始まりました!(花の風まつり地図番号25番)

2013-04-29_12-22-10
子ども達には大人気の小人遊びコーナー。
2013-04-28_17-05-32
2013-04-28_17-04-12
今回の木工体験は木のバス作りと小人作りです。

2013-04-30_12-28-18

花の風まつり情報コーナーもありますのでご利用くださいね。

 

2013-04-29_16-44-50

ちなみに、この棚は馬頭中学校から廃棄された理科室の棚を利用しています。

 

2013-04-29_10-01-14

風花園の天生目優さん作の野の花盆栽苔玉、お預かりして展示販売しています。
2013-04-30_12-29-40
小さな盆栽に里山の風景がつまっています。
市川窯さんで苔玉作り体験もされていますので、そちらもどうぞ。

2013-04-28_07-43-34
「写真の小径」
棚田へ続く森の小径で里の暮らしや自然をご紹介しています。

2013-04-28_07-39-42

2013-04-28_07-36-00
シゲルさんの山の棚田の展望スポット。

「写真の小径」の最後は、このリアル風景となっています。

0506_103453
トトロ道を通ってカシの大木に会いに行こう!(裏山散策コース)

 

2013-04-29_12-17-44
「子供駄菓子屋」も大盛況。
日によっては親の売り上げを越えています(笑)。

2013-04-29_11-30-18
4/29の「野山でお話会」
2013-04-29_11-31-16
「たまごの会」の方に、手遊び、絵本の読み聞かせ、紙芝居、人形劇と盛りだくさんで、お客さんを楽しませていただきました。
(5月6日11時からは、「みなとまりこさん」によるおはなし会もありますので是非どうぞ。)

 

2013-04-29_11-55-02
4/29の「野山でTKG(たまごかけご飯)」
(忙しくて、肝心のセット写真撮り忘れました(笑))
手伝ってくれたハルちゃん、シマちゃんありがとうございました。
2013-04-30_12-05-46
「さかっぱた農園」の美味しい平飼いたまごとシゲルさんの棚田米は、会期中販売していますので、ぜひ、ご自宅で、「馬頭TKG」をお楽しみ下さい。

 

2013-04-29_12-12-54
4月29日の昼に発生した素敵な空の現象。
「野山でTKG」中だったので、大勢で空を見上げて感動のスカイショーでした。
2013-04-29_12-16-22
上の円形は日暈(ひがさ)、下の虹状のものは「環水平アーク」というものらしいです。
太陽の光が水滴で屈折する虹とは違って、氷の粒(六角氷晶)で屈折する現象なのでレア物です。

 

2013-04-28_10-24-36
南の方(那珂川の方)から来られる際は、市川窯さんの先の二又を右に下りてください。

 

2013-04-28_10-14-18
北の方(小砂焼の藤田製陶所)から来られる際は、萩の草のT字路を左に下りてください。

ヒロクラフト 「野山であそぼっ展2013」
日時:2013年4月28日~5月6日 9:00~17:00
野山っ展_表野山っ展_チラシ裏
お時間に余裕を持って、運動靴でお越し下さい。 

花の風まつりの全体チラシはこちらです。

チラシ画像(表)
チラシ表(PDFデータ)

チラシ画像(裏)
チラシ裏(PDFデータ)

日程一覧表
日程一覧表(PDFデータ)

 

 

 

はじまりました ヒロクラフト 「秋の工房展」(~11/6)

11月1日より、はじまりました。
11月6日まで、平日も開いておりますので、ご都合のよい時に是非どうぞお越し下さい。

工房展の他、ナチュラルクラフト体験として、
「森のかけらで小人を作ろう」500円
「木のバス作り」800円
「森のかけらでクリスマスツリーを作ろう」1200円 ※平日のみ
を用意しています。

トトロ道を通って森の中のカシの大木との出会いや、里山写真を見ながら山の棚田探訪など、森の散策もできますので、お時間に余裕を持ってお越し下さい。

お待ちしております!

ヒロクラフト 廣田充伸・美千香

***************************************************

期間 : 11月1日(木)~6日(火)
時間 : 10:00〜17:00
住所 : 栃木県那須郡那珂川町小口630

山の棚田までの森の仕事道は、先日の「美炎・馬頭琴の調べ」でご覧頂いた「写真の小径」として、里に暮らす人と自然の風景をご紹介いたします。

*-*-*-*-*-*-* 期間中の周辺イベント情報 *-*-*-*-*-*

・11/3・4  秋の陶器市(小砂焼き・藤田製陶所)
・11/4    いわむらかずお おはなし会・サイン会(絵本の丘美術館)
・12/9まで 『studio COOCA PARTY』 開催中

・那珂川で、鮭の遡上が見られる頃です。
・りんご狩り出来る農家さんも近くにあります。

「美炎・馬頭琴の調べ(2012)」ご報告

2012年9月30日に行われた「美炎・馬頭琴の調べ」は無事終了いたしました。
当日は台風の動きにヤキモキさせられましたが、奇跡のような晴れ間の中で沢山のお客様にお越しいただき、予定通りに棚田でコンサートを開催する事ができました。
ご来場いただいたたくさんのお客様に心より御礼申し上げます。

このページでは、少しずつ当日の状況を御報告していきますので、時折りご覧いただけると嬉しいです。

photo by tora & ogawa

当日のパンフレット

  

  
 

馬頭琴奏者・美炎さんの感想

棚田コンサートをおえて

普段、曲をつくって、編曲してもらって、自分で演奏して、他の楽器に加わってもらって

アンサンブルに仕上げて、大きな舞台では、そこに照明と音響と舞台演出も入り

そして本番のステージという場面でその作品が作品としてはじめて完成するわけですが

美炎・馬頭琴の調べ

馬頭の棚田を吹きぬける心地よい風にのせて

のステージは、そこにまるごと自然というものがくわわって

あたらしい作品世界になる。

さらには、棚田をまもる茂さんとそれを応援してこのコンサートに尽力をつくす廣田さん夫妻

のいろいろな思惑も作品に加わっている。

という点では、かなりめずらしい舞台です。

野外コンサートというのはどこにでもあり、珍しいものではないのですが、

そのほとんどが単に外で演奏する。というもので

これほどまでに自然そのものが舞台の役割を果たしている所はそうそうない。

あのお椀状になっている谷の底で見上げる空は丸く

音は後ろの岩壁に反響して山の上の隅々までひろがりのぼっていく。

むしろ山の上の方が音がいいくらいだ。

エントランスも完璧で、一体この先に何があるのだろう?どこまでつづくだろう?

という期待感を抱かせて、それは突然ひらけた視界の真下にひろがる棚田に、おもわずだれもがあっとなる。

音がよく廻るためか、周辺の生き物達が音に反応する。

それは植物や風、雲といったものまでが曲ごとに場面転換のお手伝いをしてくれる。

そのあたりはもうなぜだか分からないが、誰かが演出の指揮をとってるとしかおもえないくらい。

自然丸ごとが作品に加わる。

ということをあらかじめ想定しているわけではないので、普段のライブの内容とそう変わらないものを演奏してはいるが

そろそろそれを前提の作品作りをしてもいいのかもしれない。

例えばこの2回はお見送り演奏と題して

終演後、皆さんが山を登って帰る道々の音の変化を楽しんでいただくために即興演奏をしているが、

開演前にも何かの演出をすることは可能かもしれないし。

などと妄想はふくらむ・・

1回目のとき、棚田と人と音楽が輪になる。そんなイメージだった。

2回目はイメージよりもその輪がある。ということを再び実感するような感じで

それはこの舞台がおしえてくれていることかもしれない。

世の中は本当はみんなそうなんだよ。

すべてはつながっている。って。

                       ※「Miho’s Diary」より転載

 

皆さんのレポート

スタッフやお客様が当日のレポートをUPして下さいました。

■Jun Wagatsuma official site  「馬頭で馬頭琴」

■優しい時間  「棚田のステージで心地よい風と共に〜美炎・馬頭琴の調べ〜」

■寅さん日記  「美炎・馬頭琴の調べ・・・(2)」

■らぱんにゃさんのブログ  「『馬頭』 の棚田に響く 『馬頭』 琴」

■佳代う日のつぶやき  「馬頭で馬頭琴、菅井きん」

ありがとうございました。
 
 

新聞等の掲載

■栃木よみうり(2012年9月14日)
 
 ■下野新聞(2012年10月1日)
 
■下野新聞動画ニュース「自然と馬頭琴のハーモニー堪能 棚田で演奏会」

ありがとうございました。
 
 

お客様のご感想

・とてもいい音色で、風もちょうど良く、目をつぶって聴いていました。 楽しかったです。 また聴きたいと思います。(大田原市・女性)

・自然の中でのコンサートは初めてでしたが、馬頭琴の音色が心地よく響いてとても良かったです。 また来年も開かれると良いです。 ベースやパーカッションのコラボも意外でしたが、とても楽しめました。 (男性)

・そよ風が心地よく、馬頭琴の音に心身共に癒されました。 来年もぜひやってください。 たくさん友達を連れてきます。 TV局にも知らせますので。 (矢板市・男性)

・きょうはいろいろな楽器の音や歌がよくきけて、すごくたのしかったです。 またききたいです。 (宇都宮市)

・私はモンゴルが一番好きです。 とてもいい音色でした。 馬頭琴が欲しくなるほどいい音色です。 今日は楽しい一日を過ごせました。 ありがとうございました。 (那須烏山市・男性)

・私は雨女なので、台風接近のニュースに心から心配しておりましたが、晴れてよかったです。 さすが美炎さんはパワフルですね! 馬頭琴にベース?パーカッション?と思っていましたが、藍色の子守唄等、馬頭琴では出せない部分を補って、また、馬頭琴ソロとは違う魅力がありました。 アンコールのリベラルタンゴ、ピアソラが聴いたらびっくりですね。 自然の音の中でのコンサート、来年も楽しみです。 ありがとうございました。 (那須烏山市・女性)

・棚田の風景と美炎さんの演奏が一体となって感動しました。 日本じゃない?!モンゴルの景色が浮かんできました。 ありがとうございました。 (那珂川町・女性)

・風が気持ちよく、寝そべって聴く馬頭琴の音色が最高でした。 ありがとうございました。 (北海道・女性)

・今年の演奏も素晴らしかったです。 自然と音楽が調和して、心が癒されました。 (大田原市・女性)

・棚田に心地よく吹く風と空を流れる雲を眺めながら、馬頭琴の響きを聴いているうちに、胸がいっぱいになり、自然と音楽が一体になった様子に感動しました。 また来年も来たいです。 ご連絡ありがとうございました。 とてもさわやかな時を過ごす事ができました。 (宇都宮市・女性)

・美炎さんの馬頭琴の演奏はとても素敵でした。 とても心に残るメロディーでした。 (那珂川町・女性)

・今回、初めて馬頭琴を生で聴きました。 とても2本の弦とは思えないほど様々な音色に驚きました。 棚田で聴く馬頭琴の音は、CDやホールで聴く演奏とは違い、身体にすっと入ってくる独特な魅力がありました。 湿気に弱いということでしたが、湿気の多い日本では大変なのではないでしょうか。 また機会がありましたら聴きに来たいと思います。 

・心が開放されてとてもステキな時間を過ごせました。 ありがとうございました。 風を感じながら音楽を楽しむことはなかったのですごく満たされました。 (宇都宮市・女性)

・前回来れなくて、今回初めて来ました。 棚田でのんびり聴くのは最高です。 吹き抜ける風の中で聴く馬頭琴の音色をゆっくり堪能しました。 来年また来ます! (宇都宮市・男性)

・とても素敵な音楽が聴けて感動しました。 棚田と馬頭琴とのすばらしいコラボレーションでした。 (宇都宮市・女性)

・天気に恵まれ、ゆったりした気分で和ませていただきました。 ありがとうございました。 (那須烏山市・男性)

・初めてこちらに来ました。 心がゆっくりと開かれていくのを感じました。 アジアの美音は心にしみます。 ありがとうございました。 (白河市・女性)

・大変すばらしいコンサートでした。 特に背景。 (男性)

・初めて参加ささて頂きました。 棚田の風景の素晴らしさ、風に乗って吹き飛ぶ綿帽子、天然自然の演出にも増して美炎さんの素晴らしい演奏。 感動しました。

・風と馬頭琴の調べが心地良かった。 パーカッション、ベースも素敵でした。 (那珂川町・男性)

・素晴らしかった! 自然との一体感を感じました。 マイク音が小でしたね! (女性)

・思いがけず聴けて良かったです。(女性)

・去年に続き、とても素晴らしい演奏でした。 3人でのコラボもいいものですね。 (那須塩原市・女性)

・素晴らしいコンサートでした。 みんなを連れて来たいです。 またよろしくお願いします。 (那珂川町・女性)

・めずらしいコンサートであった。 新鮮な感覚でした。 (矢板市・男性)

・美炎さん作曲の楽曲はどれも情感豊かで美しい曲でした。 特に私は”翼のある曲”が好きになりました。 ロマンチックで夢のあるメロディーですね。 暑い中、皆の為に一生懸命演奏していただきありがとうございました。 次回もまた聴きたいと思いますが、できれば暑さや虫に邪魔されない室内の方がいいです。(女性)

・友人のカメラマン関健作さんと美炎さんとのコラボコンサートに行けず残念に思っていたところ、今回のコンサートを知り、思いきって来てみました。 馬頭琴の深く伸びのある音に、人間と自然と一体である事を気づかせてくれる会でした。 また来たいと思います。 (真岡市・女性)

・素敵な曲をありがとうございました。 晴天でとても暑い日でした。 少しクラクラしました。 馬頭琴の素晴らしさが、自然の中に輝いていました。 演奏会開催のためのスタッフ業務が充実していて、町の活性化に大いに貢献している事を感じました。(リーダーの存在を感じました。) 馬頭は輝く町づくりができる要素がたくさんあることも感じ、感心しました。 スタッフの皆さん頑張ってください。 (那須烏山市・男性)

・今回はサンタヒルズのポスターを見て突然思いつきこちらまで来ました。 棚田での馬頭琴のコンサート、とても良かったです。済んで青空のもと美炎さんの奏でる馬頭琴の音色に誘われるようにとんびが空を舞い、とんぼが棚田の上を泳ぐように飛んでいきました。 初めて聴く馬頭琴でした。 別世界にいるような素敵なひとときでした。 来て良かったです。 パーカッション、ベースのコラボ良かったです。 ビニールシートの配布、助かりました。 (宇都宮市・女性)

・パーカッションとベースギターとのコラボ、ブラボー!でした。 
 特に印象に残った曲。 「万馬の轟」—パーカッションにホレボレ。 「ウジムチンの空」—ベースギターなのにソフトな音色。(5本弦のベースギター初めて見ました。) もちろん美炎さんの馬頭琴あっての事ですよ。 また来年是非来たいと思います。 お見送り演奏もステキでした。 充伸さん、美千香さん、写真の小径良かったです。 やっぱりセンスですね。 (那珂川町・女性)

・ステキなコンサートでした。 最初は日差しを避けて日陰で聴いていました。 姿は見えなくても聞こえればイイヨネ!と話していましたが、後半ステージの正面(高台)に移動しました。 視覚の大切さに気づかせてもらいました。 正面の山々、空、ステージ、美炎さんの紅い衣装・・・、風、とんぼ、飛ぶ綿毛、空気、すべてがそろってとってもステキだということ、心地よいということ。 美炎さんの、夕陽を見て「すべてが大丈夫だと思った。身をゆだねよう。」と思ったという話と、その曲がとても印象的でした。 美炎さんの想いや生き方も素敵だなと思いました。 今日に至るまでの準備大変だったことと思います。 スタッフ皆さんの温かい想いが空気にあらわれていて、とても心地良いステキなコンサートでした。 ありがとうございました。 (女性)

・ふらりと訪れた温泉でヒロクラフトさんに出会い、子供たちが工作に参加させて頂きました。 偶然のご縁でこのような演奏会を知り、とても気持ち良い心地良い時間を過ごさせていただきました。 日頃、時間に追われた生活をしている中で、こんな時間を忘れていた様に感じてもう少し穏やかに生活する、こんな時間を持つ事もいいなぁと。 ありがとうございました。 またの機会もぜひご縁を。 (宇都宮市・女性)

・馬頭琴という言葉は知っていましたが、演奏を聴くのは初めてでした。 ビオラかチェロに近い音に感じました。 四方を里山に囲まれた窪地の様な棚田で聴く演奏は、野趣と相まって格別に良かったと思います。 私は歳のせいか聴力の衰えからか、トーク部分がまったく聞こえませんでした。 隣にいた女性はよく聞こえるのか相槌を打ったり笑ったりしていましたが、音が自然に吸収される部分が多いのでは・・・と。 夕景の中で演奏してみたいと試みたら、思わぬカエルの大合唱に負けたと言う部分は聞こえましたが・・・(笑)。 マイクの音量は上げるか、トーク部分は肩掛け型の拡声器で試して見るのも一考かと。 曲目の内”花”は知っていましたが、他の曲は初めてなので、初めてでクラシック曲を聞いている様でした。 プログラムは丁寧に出来ていますが、一口メモの囲み記事でもよいので、初見者に馬頭琴の由来、歴史など紹介していただければと。 私の前の聴衆の中の女性は、真岡から来たといっていましたが、遠方からの聴衆は三河の国から来た私は一番では? 最後になりましたが、大勢のスタッフの皆さんの活躍あればこその演奏会で感銘いたしました。 (愛知県・男性)

・台風の影響が気になったがどうにか天気は保ちそうだ。 駐車場から一汗かいて受付に到着。 初めての参加ですが、会場まで楽しみに待ちました。 次第に来場者が集まってにぎやかになりだした。 写真の小径も心地良く、行く先がぱっと明るくなると眼下に会場と舞台を見下ろす。 演奏者たちが準備中。 チラシの白いドレスではなく、赤いドレスが美炎さんらしい。この日のために沖縄で作ってもらった、出来たての衣装だと知る。 今日のコンサートへの思い入れの強さの表れに違いなさそう。 棚田の風景が相当お気に入りと見える。 6月の満月の頃、わざわざ演奏に来られながら、カエルの大合唱に敗れたという話はおもしろい。 今夜は十五夜。 来月10/27は十三夜、夜間のコンサートは無理でしょうね。 年齢的に耳が遠くなってきている。 自然のままの演奏では、音響効果の制約は当然出て来るだろうし、ただ「ウジムチンの空」を聴いた時には、雄大な景色が迫ってきてこれは良いと感動。 今回の馬頭琴、ベース、パーカッションのコラボは、単調になりがちな音色をより豊かに醸す効果を生んだといえる。 大成功。 炎天下大変ご苦労様です。 (品川区・男性)

・台風17号の影響で棚田での演奏を聞くのは無理かもしれないと前夜までハラハラしていましたが、当日は演奏時間内は、ばっちり。 初めて自然の中で馬頭琴の音色にしばしば時間がたつのを忘れました。 演奏者は暑くて暑くて大変だったことでしょう。 私たちは日陰で心地良い風の中、充分楽しませていただきました。 大空を感じさせる悠久の音と、馬のヒヅメのような軽やかなハーモニーはとても良かったと思います。 ちょっと残念だったのが美炎さんの話が聞き取れないことがあったことです。(内容がとても興味深かったのpでよけい感じましたよ。話も短めの中に心打つものがありました。) 会場を盛り上げるための地元の方々の協力、すごいなぁと思いました。 会場までの写真、稲と彼岸花の花束「手作り」の暖かさをいただきました。 皆さんの知恵と努力の結果、大拍手です。 ありがとうございました。 (品川区・女性)

・山間の自然たっぷりの棚田でのコンサート、大変感動しました。 ありがとうございました。 それにしましても、これまでの準備様々な御苦労がスタッフの皆様にはあったのでは・・・と考えると、とにかく感謝でいっぱいです。 今回「栃木よみうり」の新聞を読み、初めて友人4人で参加させていただきました。 音楽が好きなので、機会があれば、いろいろなコンサートにできる限り、参加したいと考えていましたが、今回のコンサートは、自然豊かで(とにかく台風も心配でしたが)素晴らしい感動を私達に与えてくれて感激しています。 ただし、もっと欲張りな事を言わせていただくと、曲目に日本の歌が「花」一曲しかなかったのは大変残念です。 あの自然の中で、演奏者と会場みんなで童謡の「故郷」とか「里の秋」とか、みんなで歌いたかったなァ—。 もっともっと盛り上がると思いますヨ。 それにしても「感動」ありがとう。 来年もぜひ参加したいです! (那須塩原市・男性)

※当日、お客様に配布したアンケートの、<感想やメッセージなど お聞かせ下さい>の欄に書いていただいた文面を全て公開しています。差し障りのある箇所がありましたら削除いたしますので、ご指摘お願いいたします。
 
 

ご協力ありがとうございました

遠い駐車場から歩いてくださったお客様、遠くからカートを押して来て下さった地域の皆様、
当日お手伝い頂いた皆様、看板設置と駐車場誘導してくれた皆様、受付業務をしてくれた皆様、
当日、CD等販売をしてくれた白百合ガールズ様、
チラシ配布やポスター掲示に御協力して下さった沢山の店舗や個人の皆様、
仮設トイレを貸して下さったセヤ様、
看板を貸してくださったフジタ様、受付や販売用のテントを貸してくださった皆様、
雨天会場の機器操作担当として念入りな準備をして下さった篠江様、岩村様
美味しいパンを販売して下さった「パン職人いっぴ」様、
受付会場と演奏会場用地を貸して下さった皆様、駐車場用地を貸して下さった「東京ガイシ」様、
会場も含めその周辺も綺麗に整備して下さった地域の皆様、
ポスター印刷をご提供して下さったM様、 
演奏者に花束を贈ってくれた泥ガキ隊の小学生、受付をサポートしてくれた中学生女子、
千葉や東京から駆けつけてくれた美炎さんや寅さんのお仲間、差し入れを下さった皆様、
特設観光案内所を開設してテント、テーブル、椅子を貸して下さった那珂川町観光協会様、
演奏会の後援をいただいた那珂川町教育委員会様、
販売用の饅頭を作ってくださったマツエさん、写真やビデオを撮ってくれた写真スタッフ様、
スタッフ用の昼食を作ってくださった梅平地区のお母さん方、
ベースアンプ用のバッテリーを貸して下さった川輪自動車様とルーデンス様、
雨天時会場用にスライドショーを製作してくださったM様、
駐車場から受付まで歩くお客様を陰から支えてくれた地域の皆様、
駐車場から会場までの道の周囲の草刈りをして綺麗にして下さった地域の皆様、
開催まで何度も足を運んで計画を支えてくれた寅さん、松前さん、
お客様向けに各種の優待券を発行して下さった地域のお店や美術館の皆様、
アンケートに感想を寄せて下さったたくさんの皆様、
演奏会の紹介をして下さった新聞各社、レディオベリーの皆様、
こちらも気づかない所で御配慮くださった沢山の皆様、
演奏会場としての棚田に息を吹き込み続けるシゲルさん、
受付会場として畑を使わせてくださったサクライさん、
そして馬頭琴奏者美炎さん、サイトウジュンさん、齋藤隆一さん・・・

本当にありがとうございました。
この演奏会は、スタッフだけでなく地域を中心に沢山の方々のご協力の上に成り立っている手作りの企画です。
那珂川町には、イイトコロがたくさんあって、イイヒトもたくさんいて、そんなトコロやヒトを発掘してつながり合えたら素敵な事だと思っています。
まだまだ次回の演奏会については未定ですが、「また聴きたい」「次回は是非行きたい」というお声が多いほど、開催の原動力となります。
参加された方もこれからの方も、身近な所でその想いをお伝えいただければ幸いです。

ご感想などありましたら、コメント欄にお書き下さい。
 
 
**********************************************************************************************************

ヒロクラフト『秋の工房展』のご案内

期間 : 11月1日(木)~6日(火)
時間 : 10:00〜17:00
住所 : 栃木県那須郡那珂川町小口630

詳細はこちらへ

**********************************************************************************************************

9月30日は美炎・馬頭琴の調べ


沖縄県を北上する台風17号の影響で、現在の天気予報では、9月30日(日)午前中は下り坂の予報となっています。
皆様に棚田のライブを堪能していただきたいと思っていますし、そのための会場準備も進めていますが(多くは地域に方にお手伝いいただきながら)、もしも雨が予想され会場変更した場合でも、お客様にご不便をおかけしないように、会場変更時の注意点を確認しておきます。

最終的に当日朝7時頃の気象情報で判断し、8時までに以下のとおりお知らせします。

***** 雨天等での会場変更の場合は **************

会場を変更する場合は、東京ガイシ様入り口等に会場変更のお知らせを掲示します。
また、朝8時以降、留守番電話のメッセージでお知らせし、以下のサイトでも告知いたします。

● 留守番電話メッセージ → 0287-92-5660(廣田)(番号間違いにご注意下さい)
● HP「美炎・馬頭琴の調べ」 → http://hirocraft.com/miho
● ツイッター → http://twitter.com/#/noyamabito

あじさいホールで実施の場合は、10時頃より受付開始、11時30分開演となります。
*********************************************

棚田会場では、受付から棚田のステージまでの森の仕事道は、「写真の小径」として里に暮らす人と自然の風景をご紹介いたします。

雨天会場では、ステージのスクリーンに里の四季と暮らしの写真を投影し、美炎さんに演奏してもらう時間もあります。

野外では棚田や森などの自然環境を生かした企画で、ホールでは野外ではできないホールならではの企画で、結果的にどちらの会場になったとしても、お越しくださった方々にご満足いただけるよう準備していますので、どうぞお楽しみに。

主催者の気持ちとしては、お客様がどちらか片方しか体験できないという事は、もったいないなぁというのが本音です。

美炎(miho)・馬頭琴の調べ 前売り券発売中!

9月30日に「美炎・馬頭琴の調べ」で演奏される、馬頭琴奏者・美炎さんとパーカッション・サイトウジュンさんとベース・齋藤隆一さんがリハーサルのため棚田を訪れました。
昨年は美炎さん一人だった棚田のステージに三人の奏者が並ぶと、普段は静かな棚田が更に音楽ホールの様に見えてきます。
ベースとパーカッションが加わる事で馬頭琴の音色が引き立ち馬頭琴の幅の広さを感じました。

棚田には「レディオベリー(FM76.4MHz)」と「栃木よみうり」の方も取材に来られ、棚田の守り人のシゲルさんもインタビューに加わり、奏者、棚田オーナー、主催者の三者でこのイベントの魅力をお伝えしました。

レディオベリー(那珂川町情報番組:那珂良しラジオ)放送日は9/20(木)の12:00からの予定だそうです。

リハーサルと取材の写真はこちら。

演奏会まであと3週間ほどとなりました。
だんだんと前売り券のお申し込みも進んできています。

御予定が決まりましたら、お早めにどうぞお申し込みください。 → チケット購入

美炎・馬頭琴の調べ (2012年9月30日開催) ご案内


本日(9/30)の会場は、好天のため予定通り野外会場(棚田)です。
御参加のお客様は東京ガイシ駐車場にお越し下さい。
野外会場には人数に余裕がありますので、前売り券をお持ちで無い方も受付できますが、
定員に達しましたらお断りする事もありますので御了承下さい。
なお、昼過ぎから雨がぱらつく可能性もありますので折り畳み傘をお持ちになることをおすすめします。
お気をつけていらしてください。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
美炎(miho)・馬頭琴の調べ
  -馬頭の棚田を吹きぬける心地よい風にのせて-  
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

感動の演奏会から1年。 
今年も美しい棚田を舞台に美炎が馬頭琴の豊かな音色を響かせます。
秋のひととき 里人と自然が作り上げた
稀有なコンサートホールの音色を
やさしい里の風景とともに お楽しみ下さい
 
<チケットお申し込み>

馬頭琴は絵本『スーホの白い馬』にも出てくる、モンゴル民族を代表する楽器で、草原のチェロともいわれます。
昨年(2011年)の10月に、馬頭の山の棚田で馬頭琴の演奏会を行いました。
当日は、駐車場から遠く歩き、日除けも快適な座席もなく野原や田の畦で座って聞いてもらうという「(お客様に対する)注文の多い演奏会」にもかかわらず、県内外から大勢の方が聞きに来て下さいました。
今年も、演奏者・美炎さん自身が「聞いた事の無い音」と言うほど響きの良い自然のコンサートホールで、美炎さんの演奏を聴いてもらいたい、そしてたくさんの方とその時間を共有できたらという気持ちで演奏会を企画しました。
是非どうぞお越し下さい。

日時

  2012年9月30日(日) 受付:10時頃より 開演11時
  (雨天時は11時30分開演となります) 

会場

  山の棚田にて (〒324-0618 栃木県那須郡那珂川町小口)

  雨天時会場 「あじさいホール」 (〒324-0501 栃木県那須郡那珂川町小川106 
                         那珂川町小川総合福祉センター まほろばの湯)  

演奏

  馬頭琴 : 美炎
  パーカッション : サイトウジュン 
  ベース : 齋藤隆一

チケット

  大人 2200円(高校生以上)
  小人 1000円(3歳以上)   ※こちらからお申し込み下さい。
  (当日券 大人:2500円、小人:1100円 ) 

チラシ

  
印刷用PDFファイルはこちら。(17MBありますのでご注意下さい。)

地図 (駐車場、受け付け、山の棚田、雨天時会場)


より大きな地図で 美炎・馬頭琴の調べ (2012年9月30日開催) を表示

馬頭琴奏者:美炎(miho)

  2001年より モンゴルの国家一級演奏家、チ・ブルグッドに師事。
        馬頭琴の人間国宝、チ・ボラグに認められ、台湾、中国、モンゴル、日本各地で演奏多数
  2009年春  CD『風がくれた物語』リリース
  2010年   映画『13人の刺客』音楽に参加
  2011年   東日本大震災後、チャリティーCD『光と風と』製作。
        一年間、日本各地・アメリカにてチャリティーコンサートを行う
         10月 馬頭の棚田にて第1回コンサート
  2012年4月 CD『ホワイトバッファローの伝説』リリース   千葉県在住

   彼女の感性がきりとったオリジナルメロディーは聞く人の心を揺さぶり、その音色はモンゴルの音楽
  家達からも「非常に透明で美しく、独自の感性から紡ぎだされる音。日本人馬頭琴奏者としては並ぶも
  ののいない確かな演奏技術を持っている。」と高く評価されている。(HPより抜粋)

  <HP> http://www.miho-batohkin.jp/ サイト内で、CDの曲を試聴できます
You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
2011年10月の演奏会風景です。

パーカッション : サイトウジュン

 幼少の頃より音楽に関心があり、小学生時代は声楽、中学入学後、ビックバンドジャズに出会いドラムを始める。
 2000年、T-SQUARE則竹裕之氏に師事。
 ドラムだけでなく、ラテンパーカッションにも精通しており、様々な経験を経て現在に至る。

ベース : 齋藤隆一

 幼少の頃より音楽が周囲にあり、14歳から本格的にベースを始める。
 大学在学中よりプロ活動を開始しセッション等精力的に活動。
 富倉安生氏、依知川伸一氏によるプロのベーシスト集団「地下室の会」No.133。

会場について

    那珂川町小口・梅平地区の山の中の棚田。
    井戸入りの沢に沿って広がっており、谷あいの隠し田のような雰囲気がある。
    上流に人家がないため綺麗な沢水に恵まれ、ホトケドジョウやアブラハヤなど希少な生き物も
    多数生息しており、周辺の山にはサンコウチョウやオオルリ、サシバ等々、多くの渡り鳥もやってくる。
    現在は、お父さんから受け継がれたシゲルさんが、合計13枚の田を、楽しみつつ耕作されている。

駐車場

  ■晴天時
   東京ガイシ様 敷地内 (〒324-0618 栃木県那須郡那珂川町小口878)
   ※受付会場まで徒歩10分(700m)

  ■雨天時
   「あじさいホール」(すこやか共生館)駐車場 (〒324-0501 栃木県那須郡那珂川町小川106 
                     那珂川町小川総合福祉センター まほろばの湯)  

雨天の場合

 雨天等で会場を変更する場合は、東京ガイシ様入り口(晴天時駐車場)等に会場変更のお知らせを掲示します。

 また、当日朝8時以降、以下のサイト・留守番電話でも告知いたします。

  ●HP「美炎・馬頭琴の調べ」 → http://hirocraft.com/miho
  ●ツイッター → http://twitter.com/#/noyamabito
  ●留守番電話がお答えします → 0287-92-5660(廣田)

車アクセス

  ■東北自動車道 矢板ICより50分 西那須野ICより60分 宇都宮ICより60分
  ■常磐自動車道 那珂ICより60分
  ■北関東自動車道 上三川ICより70分

お願い いろいろ (注文の多い音楽会です)

  ・里の集落の棚田を利用した野外でのコンサートです。
  ・必要に応じて日よけの帽子や虫除け、シートなどをご持参下さい。
  ・駐車場に限りがありますので、グループの方は出来るだけ相乗りでお越し下さると大変助かります。
  ・駐車場から受付までは約700m、徒歩約10分かかります。
   里の風景を楽しみつつ、のんびりお散歩気分でお越し下さい。
   (歩行が困難な方など、極力対応いたしますのでご相談下さい)
  ・受付から演奏会場までは約300mです。山の仕事道を歩いて移動します。
   前日までの天候によってはぬかるんでいる場合もありますので、履き物にご注意下さい(ハイヒールなどは不向きです)。
  ・演奏会場では、収穫後の田んぼと畦(あぜ)が客席となります。
  ・ゴミの持ち帰りにご協力お願い致します。
  ・お子様をお連れの方は、他のお客様の迷惑にならないようご配慮お願いいたします。
  ・演奏中の立ち歩いての写真撮影は、他のお客様のご迷惑になりますのでご遠慮下さい。
  ・前日までの天候や当日の降雨予報などにより、当日朝 晴れていても会場を変更する場合があります。ご了承ください。

主催  noyamade企画@ヒロクラフト

    noyamade企画は、ヒロクラフト周辺の野山を紹介したり楽しめる企画を不定期で企画開催しています。
    これまでに、「馬頭琴演奏会」の他、「野山でTKG」や「野山でお話会」等を開催。

後援  那珂川町教育委員会

ご協力

(敬称略)
  株式会社スター・イーグル、藤田製陶所、もうひとつの美術館、東京ガイシ㈱、いさみ館、鷲子山上神社、
  陶里庵、美玉の湯、いわむらかずお絵本の丘美術館、ばとうホースランド、梅平に暮らす皆さん、
  レストラン道、まほろばの湯、ゆりがねの湯、乾徳寺、プロジェクト・ルーデンス、市川窯、
  寅組の素敵な仲間たち、萩の草の藤田さんたち、さかっぱた農園、ホースランド、サンタヒルズ、
  石の蔵ViewStudio、林屋、那珂川町、広重美術館、イタリア料理toto、なかがわ水遊園、御前岩、霧が岳、
  那珂川町観光センター、喜連川道の駅、ファッション荒井、JOZOCAFE雪月花、元気あっぷ村、
  大田原ハーモニーホール、烏山クラフト館、南平台温泉ホテル、観音湯、川和自動車商会、大田原図書館、
  西那須野図書館、馬頭図書館、小川図書館、道の駅ばとう、JAなす南馬頭支店、上野楽器(宇都宮)、
  なす風土記の丘資料館、小川公民館、パン職人いっぴ、烏山市民カフェ、町内の農産物直売所、
  旅の駅さくら情報館、星ふる学校「くまの木」、チラシを置いて下さった沢山のお店、他
  

宿泊情報

観光案内「るるぶ那珂川町」

    
  那珂川町の観光案内(無料)です。
  ご入用の方は、お送りしますので、チケット申し込み時にお伝えください。

お問い合わせ

  TEL : 080-3349-3465(廣田)
  FAX : 0287-92-5660
  メール : inf@hirocraft.com

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

チケット購入

 
  下記項目をご記入し送信ボタンを押してください。
  ※お申し込み確認後、チケット番号をお知らせいたします。

   ※お近くの方は、ヒロクラフトでも直接販売しておりますのでおいで下さい。
    (不在のときもありますので、予めご連絡いただけると助かります。)

お名前 (必須)

ご希望枚数(必須)
 大人
 子ども

メールアドレス (必須)

郵便番号(必須)

都道府県(必須)

住所(必須)

電話番号(必須)

お車の台数(必須)

  ※駐車場でスムーズにご案内出来るよう、駐車券をお送りいたします。

差し支えなければ、このサイトにたどり着いた経緯をお教え下さい。
  (チラシ、知人、ネット情報、新聞、等)
  

過去(2011年、2012年、2013年、2014年、2015、2016年、2017年)も参加されましたか?(複数回答OK)

チケットと共にコンサートのチラシも同封しますか?
送ってほしい必要ない

その他お問い合わせ

ありがとうございました。


『野山であそぼっ展(5かいめ)』終了しました。


※会場写真は、こちらでどうぞご覧下さい。facebookアルバム

4月28日から始まった『野山であそぼっ展(5かいめ)』は、5月6日で終了いたしました。

ご来場くださった皆様ありがとうございました。
後半はお天気が下り坂で土砂降りの日もありましたが、そんな雨の中でも足を運んでくださる方もいて感謝感謝の日々でした。

今年は、例年に増して「棚田散策コース」や「カシの大木散策コース」を御案内した為か、のんびりと楽しみながら滞在される時間が長い方も多く、この土地のステキなところを共感していただけたようで主催者としても嬉しいかぎりです。

クラフト体験としての「森のかけらでで人形を作ろう」では、多くの子は初めての体験に最初は勝手が掴めず戸惑いながらも、徐々に組み上げる面白さに気づいて一生懸命紙やすりで研磨して バラバラの木片だったものが完成時にはユニークな作品として生まれるのを見る事は、普段モノ作りをしている私たちにとっても刺激的な機会となっています。

普段から、工房でギャラリーを開いている状況ではありませんので、こういった機会にじっくりと作品に触れていただき直接お話できる事は大事にしたいと思っています。
展示期間外は、見やすく在庫の品を並べているわけではありませんが、お越し下されば御紹介できますので、お近くに来られましたらお気軽にお立ち寄り下さい。(事前に御連絡いただけると助かります。)
また、おくりもの向けを中心とした定番の品物は下記カタログよりお選びできますのでご覧下さい。
(ショッピングカートなどの整備が不十分で御不便おかけします)

「ヒロクラフトのおくりもの」

5月末に下記の予定で出店いたしますので、御都合つきましたら是非足をお運び下さい。


■日時 2012年5月26日(土)・27日(日) 10:00~17:00 
■場所 サンタヒルズ(森の中にあるキャンプ・コテージなどの宿泊施設です)

ありがとうございました。

「野山であそぼっ展」開催中(6日まで)

「野山であそぼっ展」は5月6日まで開催しています。
木の家具・木のクラフト・木の人形作り・野山・棚田・駄菓子・・・。
お時間とって、ごゆっくりとお過ごし下さい。

4月29日の、おはなし会やTKGでは、たくさんの方のご来場ありがとうございました。
5月2,3日は雨の中、来て下さった皆様ありがとうございました。
次回はお天気の良い時に棚田やカシの大木もお楽しみ下さい。

こちらで写真をご覧下さい。

「美炎・馬頭琴の調べ」御報告

2011年10月9日に行われた「美炎・馬頭琴の調べ」は無事終了いたしました。
お蔭様で天候にも恵まれ、当日参加のお客様も沢山お越しくださり、メインの棚田での演奏は御満足いただけたかと思います。
ご来場いただいたたくさんのお客様に心より御礼申し上げます。
来場者は、スタッフも合せると198名でした。
このページでは、少しずつ当日の状況を御報告していきますので時折りご覧下さい。

photo by tora & usui & ogawa

You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
video by macchance

You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
video by ogawa

当日のパンフレットです

馬頭琴奏者・美炎さんの感想

棚田から世界へ

棚田でのコンサート
何もかもが夢だったみたいにすぐそこにあるみたいだし、遠くに行ってしまったようでもあり、
でも確実にそれを境に何か変わったような。
それぐらい素晴らしい時間だった。
私が演奏しておいてこんな事いうのもなんだが、
あのとき一緒に棚田にいたスタッフ、お客さん、
私も含めてすべての人が
何ともいえない時間を共有していた。
誰もが、棚田でなぜコンサートなのか、第1会場では駄目なのか、(野原の第1会場でのステージは歩けないお年寄りのために主催者のロクラフトさんが考えたものだった)思ったはずで
まず山道を歩きかなり行った所から突然視界が変わる。
かなり下に谷があって、そこに棚田が広がっているのを目にするとき
誰もがまずびっくりし、そして歓声にかわる。
そしてその棚田なかに畳4条ほどの石舞台を見つける。
そこがステージだ。
誰が見てもそこがステージで、このために作られたような舞台なのだ。
野原でのコンサートを終え、お客さんよりも一足先に舞台でまつ。
みな順々にやってきて、
ワートいいながらあちこちの畦や、
舞台正面の奥の斜面や沢ずたいのすずしい場所、
だんだんになっている客席に陣取っていく。
谷底から空を見上げると
大きく丸く空いた天上は天然の照明。
演奏する。
音が明らかにじわじわと伸びて広がっていくのが分かる。
この空と光と空気とお客さんと棚田の生き物と
すべてが混ざって私の心を満たしていくので、
演奏していて心のままにその通りに
おとがいろいろに出てくる。
そして本当にその曲通りに
風や雲や光が変化して、
あーこの曲はこんな曲だった。
この曲はこんなふうにも弾けるんだ。
と、棚田の照明さんと舞台装置さん(雲や風や太陽や)
と即興でコラボしていく。
野外での演奏は他にも経験があるのだが、その時も風や光や鳥や虫と
コラボするのだが、
この棚田の音響効果はどんなに素晴らしい音楽ホールよりも素晴らしい。
そこがもう本当に特別なのだ。
誰もがこの谷底の棚田のステージで出す馬頭琴の音色が
うーんと首を揚げた山の上にいる人まで、
同じ音量で響いてくるとは想像できないのだ。
トンボが沢山あつまってきた曲もあった。
鳥が合唱してくれた曲もあったし、
とんびが輪を描いて私の後ろの頭上をゆっくり旋回して飛んでいたのは、
私は見えなかったが、アメージンググレイスを弾いた時だったみたいだ。
龍は嵐を呼んで天に昇る
の曲の時は空が陰って私の背中に風がふいてきて
背中を押してくれたように心ずよかった。
たいていこんな幸せな舞台でも音はまあしょうがないか。外だしね。
って所だけど、何度も言うよー。音が素晴らしい。
地元のラジオ局の人やケーブルテレビの人なんかが映像を撮っていたけど、
ここでのひとときは衛星中継で世界中に発信したいくらいだ。
文字に出来なくてもどかしい。   2011年 10月 11日 (MIHO’S DIARYより転載)

皆さんのレポート

スタッフやお客様が当日のレポートをUPして下さいました。

  ■寅さん日記「美炎・馬頭琴の調べ」

  ■優しい時間「棚田に響く馬頭琴の調べ」

  ■馬頭情報(くさぼうぼうさん)「馬頭の野原と棚田で馬頭琴コンサート…素敵でした!」

  ■Sense of Wonder「棚田で馬頭琴Live」

  ■RADIO BERRY那珂良しラジオ

ありがとうございます。

お客様のご感想

・すごく良かったです。自然の中で音楽を聴くなんて、あまり無いので、すごく心が豊かになりゆったりとした気持ちになれました。また機会がありましたら聞いてみたいです。(さくら市・女性)

・馬頭琴の音色を生まれて初めて聞かせていただきましたが、自然とピッタリ息が合って喜んでいるような気を感じました人のつながりの可能性は大きな力を生みますね。これからも、自然を多くの人たちで守っていく事をしていけたら楽しい山や田や野原のステージができると思います。ありがとうございました。(那珂川町・女性)

・素晴らしい演奏会をありがとうございました。馬頭琴の音色は忘れられないでしょう。心がシーンと落ち着きました。(那珂川町・男性)

・とても素晴らしい音色に心ひかれました。自然との調和もとてもよかったです。(大田原市・女性)

・とても素晴らしい演奏でした。ステージ作りもステキでした。ありがとうございました。(大田原市・女性)

・風景の中に美炎さんが音色が溶けこんで素晴らしかった。こんな体験は初めてです。極上の時間を過ごす事ができました。ありがとう!(千葉市・女性)

・棚田は最高の舞台でした。馬頭琴の音色も優しく力強く響いて、よくマッチしていたと思います。乾いた感性をうるおしてくれた企画でした。又、次をお願い致します。(那珂川町・男性)

・素敵な演奏をありがとうございました。自然の中で聞く音色は美しいハーモニーが生まれていて、とてもこころに響くものでした。また演奏会がありましたら、ぜひ参加させていただきたいと思います。本日は、ありがとうございました。(那珂川町・女性)

・とても素晴らしい企画でした。馬頭琴はこういう自然の中で聞くのがすばらしい感動でした。(那珂川町・男性)

・とてもいい雰囲気の場所といい音色でリラックスできました。最後まで聴けなかったのが残念!(那珂川町・女性)

・美炎さん、最高の時間を過ごさせていただき本当にありがとうございました。またぜひやってほしいです。(埼玉県・男性)

・人のつながりと想いが、とてもあたたかく伝わってきました。自然、地域、生活を先祖代々守ってきた美しさ、美炎さんの美しい音色がとても感動的でした。(那珂川町・男性)

・特に素敵でした。ただそれだけです。(宇都宮市・男性)

・とても素敵な音色でよかったです。演奏の場所もぴったりでした。(矢板市・女性)

・初めて馬頭琴を見て音を聴いて、すごくいいなと思いました。自然の中で聴く演奏は一体感があり、とても癒されました。またこのような機会があったらぜひ聴きたいと思います。今日はありがとうございました。(女性)

・棚田まで行く道はまさに子どもたちの秘密の遊び場のようで、そのとっておきの空間で聞く音色はとてもぜいたくな時間でした。初めて馬頭琴の音色を聞きましたが、秋空、棚田の雰囲気にぴったりでした。ぜひ、次回も期待したいです。(宇都宮市・女性)

・とても良かったです。現実の生活からはなれ豊かなゆっくりとした気分になれました。ありがとうございました。(那須塩原市・女性)

・キレイな音色のコンサートをありがとうございました。太く細く変わる音色が素敵でした。(西那須野町・男性)

・自然という神様の作るステージは、居心地も聴き心地もたとえる言葉がありません。今は、この二度とないひと時を与えて下さって出会いの全てに心から感謝いたします。棚田をなでるように流れる音色と風と自然に生きるものたち・・・。ぜいたくな時間をありがとうございました。(宇都宮市・女性)

・里の野原、山の棚田、自然豊かな二つの会場で馬頭琴の音色を楽しむ事ができました。ありがとうございました。どちらの会場も自然の中に響く馬頭琴の音色は素晴らしかったのですが、特に棚田の会場では棚田の斜面を吹き上がる風に馬頭琴の音色が天に上っていくようで、心地良い時間が過ごせました。機会があったらまた来たいです。ありがとうございます。棚田も里山も皆さんも。(那須烏山市・女性)

・馬頭琴の音色を聞いてみて良かったなと思う事があります。モンゴル民族独特の優しさが伝わりました。馬頭琴が欲しくてたまらないほどです。モンゴルの人々の生活を体験してみたいです。私の好きな国はモンゴルです。「ゲル」というテントで生活しているからです。動物と友達になっているモンゴル人が好きです。モンゴルの歴史も知りたいです。(那須烏山市・男性)

・棚田の演奏は、音の反響が素晴らしく荘厳な雰囲気でした。美炎さん作曲の曲はどれも素敵ですが、祈りは特に心が表れるようでした。ありがとうございました。日差しや風の変化や鳥の声など演奏を更に盛り立ててくれたと思います。(女性)

・棚田でのライブの音の響きがとても素晴らしかったです。まわりの景色や虫の鳴き声なども馬頭琴の音色とよく会っていました。(宇都宮市・男性)

・音がいっぱいひびいて、とてもきれいな音色でまんぞくです。これからもこのイベントをやってほしいです! かえるがたくさん見つかったのでおもしろかったです。バッタも見つかったのでおもしろかったです。またここに来たら、かえるとバッタを見つけたいです。(さいたま県・女性)

・美炎さんの演奏、とても良かったです。2部の棚田での音色は何とも言えず、亡くなった母を想い出し涙しました。また機会があったら是非来たいと思います。(大田原市・女性)

・とても素敵な演奏でした。里山にきれいな音色が響き、気持ち良かったです。美炎さんとお客様だけでなく虫や鳥、草など里山の生き物たち全部がひとつになったような楽しいコンサートでした。手作りの会場で、準備が大変だった事と思います。どうもありがとうございました。(那須烏山市・女性)

・周囲の景色がミニ音楽会を更に「素敵」なものにしていたと思います。日頃、忙しい生活なのでとても癒やされました。素敵な音色、美炎さんの美しさに・・・ありがとうございました。(宇都宮市・女性)

・美炎さんも馬頭琴の音色もとっても素敵でした。棚田のステージは印象的でした。草原とはきっと違うのでしょうね。360度の空をイメージしながら聴いていました。思いのほかたくましいい音色の中の哀愁がいいです。(那珂川町・女性)

・素敵な時間をありがとうございました。馬頭琴のゆるやかで激しい音色に心があらわれました。スタッフの方にいろいろご配慮いただき感謝いたします。(宇都宮市・女性)

・里山、棚田での素晴らしいコンサートでまるで夢の中にいるようで嬉しかったです。美炎さんの自然に対する思いやりの気持ちが、演奏とお話にあらわれていて心すがすがしい思いです。スタッフの皆様ご苦労様でした。(那珂川町・女性)

・素敵な時間を過ごせました。ここちよく気持ちがゆったりとしました。(那須塩原市・女性)

・馬頭町で生まれ育って、初めてこんなイベントを開いていただいて、あらためて古里のよさを認識しました。美炎さんの音色のおかげです。企画ご苦労様でした。(宇都宮市・女性)

・久しぶりのコンサート、それも野外、畑(野原)は、天候が良すぎて暑いくらい。すんだ音色の馬頭琴に感激。棚田の方に移動。自然の舞台に廻りの壁、天然の音響効果にまたびっくり。楽しいひとときを過ごす事が出来ました。。又聞きたいと思いました。実行委員の方々のご苦労もわかりますが、馬頭の良さとのコラボレーション良かったで-す。(那須塩原市・女性)

・美炎・馬頭琴の調べ、とても感動しました!! もの悲しく、時には優しく語りかける琴の調べに子どもの頃の事を思い出しました。また、里山ののどかな風景と美炎さんの演奏が見事に溶けあって、ゆったりとした心おだやかな空間の中に身を置き、この地の良さを再認識することができました。水を張った田植えの後の棚田も好きですが、稲を刈りとったあとの棚田も風情があっていいですね。このイベントの端々にスタッフの皆さんの心温まるお心遣いが感じられ、とても感激しました。本当にお疲れ様でした。ありがとうございました。(那珂川町・女性)

新聞掲載記事

ありがとうございます

遠い駐車場から歩いてくださったお客様、遠くからカートを押して来て下さった地域の皆様、
当日お手伝い頂いた皆様、駐車場誘導してくれた皆様、受付業務をしてくれた皆様、
チラシ配布に御協力して下さった皆様、仮設トイレ・音響装置等の会場設備を貸して下さった皆様、
二つの会場用地を貸して下さった皆様、駐車場用地を貸して下さった「東京ガイシ」様、
雨天時会場を確保して下さった「もうひとつの美術館」様、
会場も含めその周辺も綺麗に整備して下さった地域の皆様、
カーネーションをご提供してくださった「真花園」様、
千葉や東京から駆けつけてくれた美炎さんや寅さんのお仲間、差し入れを下さった皆様、
またこちらも気づかない所で御配慮くださった皆様、そして馬頭琴奏者美炎さん、・・・
本当にありがとうございました。

ご感想などありましたら、コメント欄にお書き下さい。

ヒロクラフトの9、10月の出展予定です

ヒロクラフトでは、9,10月に以下のような予定で各地のクラフト展の出展を予定しています。

ご都合がつきましたら、残暑も和らぎ心地良い秋の風が吹くひと時を、里の風景と共にお楽しみ下さい。

ワークショップの呼び込み役としての大きな「木の小人」を目印においで下さい。

 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
9月17、18、19日 「益子さんぽ市」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■場所 : 栃木県益子町 共販センター
■期間 : 2011年9月17日(土)~19日(月)
■時間 : 10:00から17:00まで
       (最終日は、10:00~16:00)
「益子さんぽ市」公式サイト

120人ほどのクラフトマンが出展します。

※ヒロクラフトのブースNoは「105」です。
 会場地図はこちら

ワークショップ「木の小人を作ろう」もあります。 
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
9月24、25日 「東武宇都宮」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■場所 : 栃木県宇都宮市 東武宇都宮百貨店
       (2階イベントスペース)
■期間 : 2011年9月24日(土)~25日(日)
■時間 : 24日 10:00~19:00
     25日 10:00~17:00
■ワークショップ : 「モビール作り」「木の小人を作ろう」
           (25日 11:00~16:00)

東武宇都宮サイト
こちらのチラシに紹介されています。

※布+毛糸小物の「ant(アント)」さんとのコラボ展です。
 3坪ほどのちっちゃなスペースですが、
 両日交代でワークショップを行っています。
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
10月1、2日 「第3回 那須あーとクラフトフェア」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■場所 : 栃木県那須町 那須倶楽部
■期間 : 2011年10月1日(土)~2日(日)
■時間 : 1日 10:00~17:00
     2日 9:00~16:00
「那須あーとクラフトフェア」公式サイト

50人ほどのクラフトマンが出展します。

ワークショップ「木の小人を作ろう」もあります。 
 
 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
10月9日(日)はヒロクラフト主催の「美炎(miho)・馬頭琴の調べ」

 前売り券、販売中です。是非お越し下さい!
上記の各出展場所でもチケット購入できますのでお声かけ下さい。
 「美炎(miho)・馬頭琴の調べ」公式サイト
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 

美炎・馬頭琴の調べ (2011年10月9日開催)

本日の会場は、好天のため予定通り野外会場です。
御参加のお客様は東京ガイシ駐車場にお越し下さい。
野外会場には人数に余裕がありますので、前売り券をお持ちで無い方も受付できますが、
定員に達しましたらお断りする事もありますので御了承下さい。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
美炎(miho)・馬頭琴の調べ
  -馬頭の棚田を吹きぬける心地よい風にのせて-  
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
 
<チケットお申し込み>


馬頭琴は絵本『スーホの白い馬』にも出てくる、モンゴル民族を代表する楽器で、草原のチェロともいわれます。
2011年5月に棚田で試奏していただいた馬頭琴の音色は、プロの奏者である美炎(みほ)さん自身が驚くほどの、すばらしいものでした。
「馬頭で馬頭琴」というジョークのような思い付きから始まった企画ですが、いよいよ棚田での演奏会が実現します。ご期待下さい!

「馬頭の棚田で馬頭琴を 9日に演奏会」 (10月5日 下野新聞)

日時

  2011年10月9日(日) 受付:10時頃より 開演11時

会場

  第一部会場 里の野原
  第二部会場 山の棚田
  (栃木県那須郡那珂川町小口)

  雨天時会場 「もうひとつの美術館 M+カフェ

チラシ

美炎・馬頭琴の調べ(チラシ裏)美炎・馬頭琴の調べ(チラシ裏)
  ※印刷用チラシ(PDFファイル)はこちらへ

チケット(前売り)

  大人 2200円(高校生以上)
  小人 1000円(3歳以上)   ※こちらからお申し込み下さい。

 

地図 (駐車場、第一会場、第二会場、雨天時会場)


より大きな地図で 美炎・馬頭琴の調べ (2011年10月9日開催) を表示

馬頭琴奏者:美炎(miho)

  2001年より モンゴルの国家一級演奏家、チ・ブルグッドに師事。
        馬頭琴の人間国宝、チ・ボラグに認められ、台湾、中国、モンゴル、日本各地で演奏多数
  2009年春  CD『風がくれた物語』リリース
  2010年   映画『13人の刺客』音楽に参加
  2011年   東北関東大震災チャリティーCD『光と風と』製作。千葉県在住

   彼女の感性がきりとったオリジナルメロディーは聞く人の心を揺さぶり、その音色はモンゴルの音楽
  家達からも「非常に透明で美しく、独自の感性から紡ぎだされる音。日本人馬頭琴奏者としては並ぶも
  ののいない確かな演奏技術を持っている。」と高く評価されている。(HPより抜粋)

  <HP> http://www.miho-batohkin.jp/ サイト内で、CDの曲を試聴できます
You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
棚田での試奏風景です。

会場について

  ■第一会場 里の野原
    那珂川町小口・梅平にある野原。
    少し前はサクライさんが良質の葉タバコを栽培する畑で、現在は気持ちのいい野原。
    GWの『花の風まつり』などでは、訪れてくださるたくさんの人々の憩いの場でもある。

  ■第二会場 山の棚田
    那珂川町小口・梅平の山の中の棚田。
    井戸入りの沢に沿って広がっており、谷あいの隠し田のような雰囲気がある。
    上流に人家がないため綺麗な沢水に恵まれ、希少な生き物も生息している。
    現在は、お父さんから受け継いだシゲルさんが、楽しみつつ耕作されている。

演奏予定

    第一部 里の野原 11:00~11:30
     中休み・移動   11:30~12:00
    第二部 山の棚田 12:00~12:45   ※状況により時間は前後します。

駐車場

  ■晴天時
   東京ガイシ㈱(栃木県那須郡那珂川町小口878)
   ※会場まで徒歩10分(700m)

  ■雨天時
   もうひとつの美術館(栃木県那須郡那珂川町小口1181-2)

雨天の場合

 雨天等で会場を変更する場合は、もうひとつの美術館(雨天時会場)入り口、
 東京ガイシ様(晴天時駐車場)入り口等に、会場変更のお知らせを掲示します。

 また、当日朝8時以降、以下のサイトでも告知いたします。

  ●HP「美炎・馬頭琴の調べ」 → http://hirocraft.com/miho
  ●ツイッター → http://twitter.com/#/noyamabito

公共機関アクセス

  ■JR東北線氏家駅から東野バス馬頭行き「小川車庫前」下車、小川車庫前からタクシーで10分。
  ■JR烏山線烏山駅からJRバス藤沢行き「高田」下車(道の駅ばとうの前です)、
   『道の駅ばとう』からタクシーで10分。

車アクセス

  ■東北自動車道 矢板ICより50分 西那須野ICより60分 宇都宮ICより60分
  ■常磐自動車道 那珂ICより60分
  ■北関東自動車道 上三川ICより70分

お願い いろいろ (注文の多い音楽会です)

  ・里の集落の田畑を利用した野外でのコンサートです
  ・必要に応じて帽子や虫除けなどをご持参下さい。
  ・駐車場に限りがありますので、グループの方は出来るだけ相乗りでお越し下さると大変助かります。
  ・駐車場から会場までは約700m、徒歩約10分かかります。
   里の風景を楽しみつつ、のんびりお散歩気分でお越し下さい。
   (歩行が困難な方など、極力対応いたしますのでご相談下さい)
  ・第一部終了後、第二部会場まで山の仕事道を300m歩いて移動します。
   ぬかるんでいる場合がありますので、履き物にご注意下さい(長靴可)。
  ・棚田では、収穫後の田んぼと畦(あぜ)が客席となります。
  ・ゴミの持ち帰りにご協力お願い致します。
  ・お子様をお連れの方は、他のお客様の迷惑にならないようご配慮お願いします。

主催 noyamade企画@ヒロクラフト

   ※過去のnoyamade企画

ご協力

  株式会社スター・イーグル、藤田製陶所、もうひとつの美術館、東京ガイシ㈱、ばとうまちの駅、乾徳寺、
  プロジェクト・ルーデンス、市川窯、いわむらかずお絵本の丘美術館、あすなろパン工房-風-、
  梅平に暮らす皆さん、寅組の素敵な仲間たち、萩の草の藤田さんたち、小口行政区、さかっぱた農園、
  サンタヒルズ、石の蔵ViewStudio、林屋、星の見える丘農園、馬頭院、那珂川町、広重美術館、
  喜連川道の駅、チラシを置いて下さった沢山のお店、他

宿泊情報

お食事処

  ※後日UPします。

10月8,9日は馬頭を楽しむ二日間

  ■野焼祭 縄文の炎と響 (藤田製陶所主催)
   2011年10月8日(土) 午後3時~午後8時頃まで (雨天中止です)
     ※2010年の野焼祭(下野新聞動画ニュースより)

お問い合わせ

  TEL 080-3349-3465(廣田)
  FAX 0287-92-5660

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

チケット購入

 
前売り券は完売しました。ありがとうございました。
引き続き、晴天時の野外会場のみのチケット御予約受け付けています。
ご予約はお電話で直接お願いいたします。 TEL 080-3349-3465(廣田)

 お早めにどうぞ!

  下記項目をご記入し送信ボタンを押してください。
   ※お申し込み確認後、こちらからチケットをお送りします。
    チケットが届きましたら、指定の口座へ代金をお振込み下さい。
    (申し訳ありませんが、振り込み手数料はご負担お願いいたします。)

   ※お近くの方は、ヒロクラフトでも直接販売しておりますのでおいで下さい。
    (不在のときもありますので、予めご連絡いただけると助かります。)


お名前 (必須)

ご希望枚数(必須)
 大人
 子ども

メールアドレス (必須)

郵便番号(必須)

都道府県(必須)

住所(必須)

電話番号(必須)

お車の台数(必須)

  ※駐車場でスムーズにご案内出来るよう、駐車券をお送りいたします。

差し支えなければ、このサイトにたどり着いた経緯をお教え下さい。
  (チラシ、知人、ネット情報、新聞、等)
  

過去(2011年、2012年、2013年、2014年、2015、2016年、2017年)も参加されましたか?(複数回答OK)

チケットと共にコンサートのチラシも同封しますか?
送ってほしい必要ない

その他お問い合わせ

ありがとうございました。


ホーム > noyamade企画

検索
Categories
月別アーカイブ
Link&RSS
Loading...
メタ情報

Return to page top