ホーム > タグ > とっくんトラック

とっくんトラック

5月20日(日)はナカマルシェ!

5月20日(日)ナカマルシェです!
(いつもより、一週早いのでご注意くださいね♪)

【場所】 いわむらかずお 絵本の丘美術館・くさっぱら広場にて
【時間】 8:00 〜 14:00 (雨天決行)← いつもと同じです

 

いわむらかずお絵本の丘美術館では「えほんの丘の四季 20年展」を開催中!
絵本の丘に暮らす生き物達の写真もたくさん見られますよ。
ナカマルシェ開催のくさっぱら広場は、玄関入り口横の舗装の道をさらに奥に進んだ場所にあります。

 

「ナカマルシェの小さな本箱」から、気になる本を取り出して、
木陰の畳ベンチで風に吹かれながらのんびり読書、もお勧めです。

お休みのたびにあちらこちらでイベント盛り沢山な昨今ですが、
ナカマルシェにはいつもゆったりとした時間が流れています。

眺めのいい丘の上で、のんびり時間を過ごすひと時を、どうぞお楽しみください。

<出店予定> ( ← FBページ「ナカマルシェ。」より)

・イタリア料理 t o t o
 国産小麦の薪窯ピッツァ & 手づくりシロップのソーダ

・秋元珈琲焙煎所
 日光天然氷アイスコーヒー & アジア学院有機栽培珈琲

・ぎんのふえ
 スコーン、マドレーヌ、クッキーなどの焼き菓子
 いちごのコンポート

・アトリエ イーハ
 結い家の小麦と黒豆使用の「黒豆カンパーニュ」 & 他いろいろ
 …モーニングには「ニュージーランド産マヌカハニーのトースト」

・Café Cuore Del Sol
 菜食イタリアン & 砂糖・乳製品・卵不使用のお菓子

・ヒロクラフト
 *木のクラフト
  普段使いの木のお皿(豆皿、パン皿、他)
  カッティングボード、木のアクセサリー、など
 *木工体験
  大人も楽しいミニヘラ作り
  形いろいろ木のクルマ など

・佐藤畳店
 畳小物 & リユースのゴザ

・ヤヤキタ農園
 ヤヤキタ大豆と、ヤヤキタ米と、沖縄の塩だけで仕込んだ、完全無添加味噌『ヤヤキタ味噌』
 農薬不使用で栽培した大麦を、自家焙煎した、ちゃんと麦の香りがする、本物の麦茶『ヤヤキタ麦茶』

・結い家
 農薬と肥料を使わずに育てた野菜など

・綿部農園
 じゃこの中華おこわなど

■ゲスト出店

・陽だまり農場
 農薬と化学肥料を使わずに育てた野菜(スナップエンドウ、ブロッコリー、レタスなど)

・絵本の丘農場×いきいき自然体験農園
 農薬と化学肥料を使わずに育てた野菜(大根、エンドウ、ルッコラなど)

・美術館後援会テント(内容未定)

・美術館内では、開館20周年を記念して
「えほんの丘の四季 20年展」が開催されています。

※ 今回は最終日曜日ではありませんので、ご注意ください。

みずみずしい緑のなかで、季節に触れる、たのしむ、笑う…心地よいひとときをご一緒しましょう。

********* 以上、fbページ「ナカマルシェ。」より

出店者一同、のんびりお待ちしております。

里の工房展2018 at 花の風まつり

ヒロクラフト工房展「里の工房展」のお知らせです。

2018年4月29日~5月6日
10:00~17:00

ヒロクラフト・木の納屋にて


PDFファイル(表)  
PDFファイル(裏)  

◆木のモノいろいろ展示販売いたします。
 
 工房となりの木の納屋は、元は たばこの葉の乾燥小屋 で、
 土間の残る古い建物です。
 普段は作業場にしていますが、工房展の期間中はギャラリーに仕立てて
 屋外出店の時には持って行かない
 ヒロクラフトの「木のモノ」いろいろ展示します。

◆木のモノ作り、やってみませんか?

(A)4月29日~5月2日(4日間限定)
   削って仕上げるミニトレー (4,500円) ※ご予約優先
   (1)10時~、(2)13時30分~ (各回定員6名さま)
   (他メニューの実施についてはお問い合わせ下さい)

  器をのせて小ぶりのトレーとして・・・、
  食べ物を直接のせてお皿として・・・、
  暮らしの小物の置場にしたり・・・、
  使い方はご自由にどうぞ

  ・対象 : 彫刻刀が使える方(中学生以上程度) 
        ※素材は、版画の板よりも硬めです。
        ※彫刻刀は、こちらでご用意します。

  ・樹種 : サクラ、クリ、クルミ、キハダ等

  ・大きさ : 300×130×15(mm)程度 ※大きさは様々です。

  ・参加費 : 4,500円 (トレー1枚お持ち帰り)

  ※ご予約優先となりますので、ご参加希望の際は以下項目をメールでお伝えください。
     ・お名前(ご年齢)
     ・ご住所
     ・お電話番号
     ・ご希望日時
    【メールアドレス】info@hirocraft.com(廣田)
     ご不明な点等ございましたら、メッセージやお電話等でお気軽にお問い合わせ下さい。

(B)5月3日~5月6日
   いろいろ使える 木の小物
   おうちで遊べる 木のおもちゃ (1,000円~)  ※受付随時
   (コドモもオトナも、どなたでもどうぞ)

◆里山散策
 新緑の里山をゆっくり歩いてみませんか?

 工房周辺は木々の新緑が美しい季節です。
 大きな古いカシの木や、山の棚田を眺める里山散策では、
 チゴユリやスミレなど、林床には小さな花々も見られます。
 写真のこみちで里の暮らしや自然を写真で紹介しています。

◆今年も!花の風swing楽団、やって来る!

 今年は、5月3日 午後1時から!
 ヒロクラフト前の原っぱで開演予定です!
 どんなメンバーで登場するかは、当日のお楽しみ!?

◆パン屋さん ときどき開店!

 4月29日と5月4日はお馴染みの「ともパン」、
 5月3日は那須塩原の「アトリエ・イーハ」さんによる
 「自家製酵母のパン」などの販売もあります。
 どうぞお楽しみに!

GWは花の風まつりの季節です!
那珂川町民有志がそれぞれに企画したさまざまなイベントを
町内全域のいろいろな場所で開催します。

一日で全部まわろうっていうのは到底無理(笑)
まずは、道の駅ばとうの観光センターや、各イベントの主催者から
花の風まつりの「全体チラシ」をゲットして下さい。

じっくり眺めて今年の巡り方を吟味するのがおススメ。
道端に立っている花の風まつりののぼり旗を目印に
ふらりと立ち寄り、穴場発見!なんていうのも楽しいですよ。

花の風まつりの全体チラシは、
4月11日以降に観光センター他にて配布が始まる予定です。
こちらもどうぞお楽しみに!

今年のチラシはこんな感じです ↓ 

<表面>
PDFファイル

<地図面>
PDFファイル

便利な <日程表> はこちら↓
PDFファイル

11月11日(土)NGM(宇都宮)に出店します♪

New Green Meeting(ニューグリーンミーティング)に出店します。

●日時 : 11月11日(土)11:00~16:00
●場所 : 二荒山神社前バンバ広場(宇都宮市)にて
      CRAFT/HOOD/LIVE
  
 『衣食住を根底に、異職時遊』

 異なる職業や立場の人たちが自由に、楽しく時間を過ごす
 そんなマルシェイベントです

 食べるもの・着るもの・使うもの  大切に、育て・扱い・作る
 「どれでも良い」大量消費のものではなく  「これが良い」ものを感じていただき
 生活に取り入れていただくことを  このイベントを通して提案します   (フライヤーより)

 

出店者は、主催者選りすぐりのクラフトとフードが37店舗と、アーティストが8組。

アーティストは ライブペイント、バグパイプ奏者、フリースタイルバスケのパフォーマー等々。
いろいろなジャンルの方がLIVEを行うそうです。

ヒロクラフトは、販売の他、ワークショップも予定しています。

木のお皿やトレー、マグカップ、カッティングボードなどのテーブルウェア、
とっくんトラック、くるみのコロコロ、クリスマスツリー、アクセサリーなどなど
芦野ガラス工房・谷黒さんの手作りガラスを使った香立ても持っていこうと思っています。

木のお皿は、特別なモノとしてではなく日常使いをおすすめしています。
ぜひ手に取って、ナチュラルな木の良さを感じていただければと思います。

ワークショップは、いろいろ使えるミニヘラ、木のクルマ、ガーランドの予定です。

イベント盛りだくさんの秋。
バンバ広場にもどうぞお立ち寄り下さい。

詳しい情報は、FBページ「New Green Meeting」で発信中です!
出店者、LIVE出演者の紹介もあります。

-主催-
New Green Meeting 実行委員会

-協賛-
⚫︎宇都宮製材業協同組合
⚫︎株式会社 宇都宮総合木材市場
⚫︎宇都宮木材株式会社
⚫︎株式会社 金平
⚫︎株式会社 共栄
⚫︎有限会社 小堀材木店
⚫︎Lesson✳︎Salon yucasi tiny little share

-Special Thanks-
⚫︎Bobab inc.
⚫︎Padparadscha
⚫︎音響 with リズム

春の工房展 開催!(in 花の風まつり)

花の風まつり期間中、ヒロクラフトは「春の工房展」を開催いたします。
どうぞお立ち寄りください。

ヒロクラフト 春の工房展

【期間】2017年4月29日(土)~5月7日(日)
【時間】午前9時 ~ 午後5時
【場所】工房となりの木の納屋にて

普段は作業に使っている古い木の納屋(たばこの葉の乾燥小屋)がギャラリーとなります。
土間だからか懐かしい雰囲気で、壁板のすき間から光が透けるのもきれいなんです。

木工体験も行います。メニューは 木のおもちゃ や いろいろ使えるミニへら など。
 

工房周辺は自然がいっぱい。生き物もいっぱい。
棚田へ続く山の仕事道で、里の暮らしや自然、生き物たちを写真でご紹介します。
木の上を駆けて行くリスに会えたら、ラッキー♪

 

秋に馬頭琴の演奏会を開催しているシゲルさんの棚田は、ちょうど田植えの時期。
農業機械の出入りもありますので、どうぞ気を付けてお歩き下さい。
 

子ども駄菓子屋さんは、今年も工房展の期間中、3代目店長の都合に合わせてときどき開店します。

梅平で育ち中の「ともぱん」も時々やってきますよ。どうぞお楽しみに。

ヒロクラフト前の野原は、のんびりするのにうってつけ。
思いっきり走り回ったり、お弁当食べたり、お昼寝したり。

毎年恒例の図書館ボランティアたまごの皆さんによるおはなし会は、
4月29日 11時頃から 野原にて(雨天時は中止になる事もあり)

今年も、別冊Swing Walk♪ の皆さんがやってきて
町内のあちらこちらで楽しいライブを開催。
ヒロクラフトは、5月4日お昼ごろから野原でライブを開催予定です。
 

今年の花の風まつりも、どうぞお楽しみください。

第15回 花の風まつり のお知らせ

栃木県那須郡那珂川町の、町民有志で開催している「花の風まつり」
今年は15回目です。
花の風まつりの公式期間は毎年4月29日から5月5日まで。
今年は暦の関係で、5月7日(日)まで開催予定のイベントもいくつかありますよ。

花の風まつりは、期間中の一日だけ開催するイベントもありますし、
50カ所以上ある開催地も、町内全域に散らばっています。
那珂川町は東京・山手線の中にちょうど収まるくらいの大きさなので、
一日で全部を見てまわろう、というのは無謀。いや、無理です(笑)。

今年も花の風まつりの全体チラシが完成し、
那珂川町観光協会などにも配置されました。
ぜひ、チラシをお手に取って花風めぐりの計画づくりに
お役立てください。

公式サイトは → こちら
イベント主催者が個別に作っているチラシも、だんだんにアップされますので参考にしていただければ幸いです。

全体チラシ(1)

全体チラシ(2)

イベント開催日程表(この日やってるイベントはどれ?にお答えいたします)

それぞれのPDFファイルは、こちらにありますよ。

「とっくんトラック」納車式

今日は、大田原市の「ゆづがみ子育て支援センター」にて「とっくんトラック」の納車式でした。

とっくんトラック製作の経緯やコンセプトなどをお話しした後、妻がいわむらかずおさんの絵本「14ひきのさむいふゆ」を読み、とっくんトラックをお披露目。
持参した木のおもちゃと共にみんなでお遊びタイム。

小さなお子さんたちにも楽しんでもらえたようで、こちらも子どもが小さかった頃を思い出しながらのんびりした時間を過ごさせていただきました。

と、そこへ、大田原市のゆるキャラ「与一くん」登場。
市内の幼稚園・保育園の突撃訪問実施中だそうで、子ども達もびっくり。大きな与一くんもとっくんトラックや釣竿でひとしきり遊んで行かれました。

スタッフの方が作られた紋切りのタペストリーも素敵♪ 桜の紋だけでこんなに種類があるんですね。
色とりどりの古布で作られたシックなベースツリーもとっても綺麗。こちらも手作りなのだそうです。

支援センターのスタッフの皆さんには、色々お気遣いいただき大変お世話になりました。
ありがとうございました。

支援センターのある湯津上の丘の周辺は牧場も多く、北海道のような風景も楽しめる場所です。
小さなお子さんをお持ちのお近くの方は、どうぞお気軽に遊びに行ってみて下さい。
予約は不要だそうですよ。

「とっくんトラック」がピットインしてきました

保育園でご愛用頂いている「とっくんトラック」がピットインしてきました。

良く転がるとご好評で、傷やタイヤの壊れ方から何度も激しく衝突した様子が想像でき、楽しんで頂いているようで作り手として励みになります。
ハードなご使用の割には、荷台の箱組自体はビクともしていないようで、手間はかかりますが家具と同じようなしっかりとした作りにして良かったと改めて感じました。

修理後、蜜蝋ワックスを摺り込んで艶を取り戻し、つかの間の療養をしているトラックたちを見ていると、「頑張ってこいよ」という気持ちになりました。

各パーツは交換可能ですので(有償)、ご愛用の「とっくんトラック」が故障した際はどうぞご相談下さい。

とっくんトラック、ご購入いただけます

いわむらかずおさんの絵本「14匹のシリーズ」でお馴染みのとっくんトラック
大変お待たせしておりましたが、またご購入いただけるようになりました。
サクラやクリ、ナラなどいろいろな樹を使っていますので、木目や色、配色などはさまざまです。
お誕生日やクリスマスなど記念日の贈物としてもご好評いただいております。
ご注文お待ちしております。m(__)m

 ヒロ自動車工場???

「暮らしの中の木のカタチ」展、もうすぐ始まります

「ヒロクラフト~暮らしの中の木のカタチ~」展

開催期間:2011年7月23日(土)~2011年8月31日(水)
営業時間:AM10:00~PM5:00 無休
サンタヒルズ内 ギャラリー「15‐1e」(いちごいちえ)にて開催!

6月の『森のアートフェスタ』でお世話になった、地元・那珂川町のオートキャンプ場『サンタヒルズ』の中にあるサンタ雑貨マーケット”Verry Merry(ベリーメリー)”
ギャラリー「15-1e」は、その中にあります。

上記・夏休みの期間中、ヒロクラフトの作品を「15-1e」にて展示いたします。
皆さまどうぞ、お出でください。

●森の中を吹き抜けるさわやかな風の中で、木工体験はいかがですか?

   

この夏、サンタヒルズの森の中で木工体験を行います。
体験メニューは『森のかけらで小人を作ろう』

30分から1時間の作業で、世界でひとつだけの木の小人が出来ますよ。

木工体験開催日時 : 7月18日(終了)、8月14日、8月15日
               各日 9:00~12:00まで。

クルミの被弾履歴

先日、とっくんトラックの荷台の木取りの為に、クルミの板を自動カンナ(厚みを一定にする機械)に通したところ、機械から出てきた板の表面に金属片が埋まっているのが見えました。
「あちゃー、釘が打ってある事に気づかなかった~。カンナの刃がこぼれてしまっただろうなぁ。」
と、諦めたものの、刃こぼれは確認できず、金属片を取り出そうとキリでほじくると表面が欠けるほど軟らかい直径2mm程の球状の鉛でした。
鉛は鉄よりも軟らかいため、カンナの刃もこぼれなかったようです。
クルミの板をよく見ると、金属片から5cmほど離れたところも小さく変色していて、同じ大きさの球状鉛が出てきました。
「ひょっとして、散弾銃の弾?」と思い、後でネットで調べると、散弾銃は狙う獲物の大きさによって、1.75mmから9.1mm位までの弾を使い分け、小さな径だと1.75mm 2.16mm、2.25mm のものがあるようで、クルミに埋まっていた金属は、2.16mmか2.25mmの弾ではないかと思いました。(直径をノギスで測る前に床に落として見失ってしまったのでどちらかわかりませんが。)

このクルミは、5年ほど前に町内の温泉宿近くの道路拡張に伴う隣接林の伐採現場で頂いてきたもの。
道路から10m位のところで立っていたようです。
那珂川の河原にも隣接する林ですから、カモ猟だったのかもしれません。(ダジャレではありませんが・・・。)
木の表面の形成層辺りに食い込んでいた事を考えると、伐採される直前だったのかもしれません。

クルミに残った被弾履歴からいろいろ想像しながら製作しています。

「ヒロクラフトのおくりもの」vol.2できました

御出産やお誕生日のお祝いなどで贈り物に使っていただく事の多い品物を御紹介した、カタログ「ヒロクラフトのおくりもの」の第2弾を作りました。
   
※PDFファイルが開きます。

Vol.1は主に乳幼児向け、Vol.2は主に3歳以上のお子様向けとなっています。

バーニングペンによるお名入れも。承っています。(無料)

在庫のない品物もございますので、メール等でお問い合わせ下さい。

また、紙のカタログがご入用でしたら、お送りしますのでお問い合わせ下さい。

とっくんトラック製作中

今年の4月より「いわむらかずお絵本の丘美術館」様の御注文で制作している「とっくんトラック」
製作の様子をご紹介いたします。
とっくんトラックは、「いわむらかずお絵本の丘美術館」のミュージアムショップ でご購入いただけます。
または、「美術館」の近く(山のふもと)のヒロクラフトの工房でもお取り扱いしております。

Home > タグ > とっくんトラック

検索
Categories
月別アーカイブ
Link&RSS
Loading...
メタ情報

Return to page top